憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

二重のプチ整形

二重まぶたの整形方法には、埋没法と切開法があります。
プチ整形と呼ばれるのは、埋没法です。
埋没法は、まぶたの数箇所を糸で留めることで二重まぶたを作ります。
気に入らなければ、この糸を切ってしまえば、元通りの目に戻ります。
まぶたの裏側から糸を埋めるので、外から見たときには、この糸は見えません。
切開をしないので、費用安く、時間も10分から15分程度と短いのも特徴です。

埋没法は、入院の必要もなく、腫れもほとんどありません。
術後3日を過ぎればメイクもできるようになります。
会社や学校の三連休があれば、手術しても休み明けには普段どおりの生活をすることが可能です。
埋没法の欠点は、プチ整形の一つということで、糸が切れたりで元に戻ってしまうこともあるということです。
また希望する目の形によっては、埋没法だけでなく目頭の切開を行う必要も生じてきます。
これまでの顔がそれほど印象を変えたくないのならば、まずは自然な奥二重まぶたに埋没法で変えて、その顔になじんできたら、まぶたの幅を広げていくという2段階での整形方法もできます。

プチ整形で手軽に行えるために、リスクの少ない手術のように思われる埋没法ですが、まぶたの裏側に糸が残るために、その糸が角膜を傷つけてしまう医療トラブルも発生しています。
傷口は悪化すると、視力が大幅に低下してしまうこともあります。
簡単な手術ですが、事前のカウンセリングやクリニック選びは慎重に行う必要があります。

Copyright (C)2017憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!.All rights reserved.