憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

一重を二重にすると

日本人などのモンゴロイドに一重まぶたが多いのは、寒冷地で目を守るためです。
厳しい寒さから目を守り、風雪に耐えるために、まぶたの脂肪を重くしています。
吹きすさぶ風から目を守るために、目の開きを狭くしているのです。
なので、四季があり、冬も暖房で快適に過ごせる今の日本で暮らすかぎり、一重まぶたで暮らす必要も我慢する必要はありません。
もし、二重にしても生活上の不便はありません。
まぶたの整形手術を考えたときに、親から遺伝した顔を変えてしまうのはどうなんだろう、と考えてしまいます。
だけど、一重まぶたが防寒のために残った遺伝子であるのならば、これから日本人が進化していくなかで、かつてのように寒さに備えてまぶたに脂肪を蓄える必要はなくなるのですから、一重まぶたの遺伝子はどんどん淘汰されていくはずです。

なぜ、一重と二重のまぶたがあるのかを知ると、二重にしてもいいんですよ、そう神様に言われているような気もします。
整形手術にためらいのあった身としては、少し気持ちが前向きになれました。

ただ、これから希少になるであろう一重まぶた、欧米ではアーモンドアイ、神秘の瞳などと呼ばれ、エキゾチックな一重まぶたの瞳は、もてはやされる傾向にあります。
この先、日本でも一重が少なくなってくると、一重まぶたを持て囃す時代が来るかもしれません。
やっぱり一重と思っても、元には戻れないんですよね、どんな瞳にするのか、整形をする前によく考える必要があります。

Copyright (C)2017憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!.All rights reserved.