憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

一重まぶたの意味

今の時代、整形して一重まぶたを二重にすることは、そんなに珍しいことではありません。
テレビによく出ているタレントさんでも整形手術をカミングアウトしている人が大勢いる時代です。
いろいろある整形手術の中でもポピュラーなのが、まぶたを二重にすることです。
すでに市民権を得た整形方法ですが、まだ抵抗ある人も多いですよね。
この一重まぶた、平安時代では、美人の条件とされていました。
当時の風俗を描いた屏風絵やカルタなどで描かれる姫は、下ふくれの頬にすっとした切れ長な一重まぶたの目を持っています。
二重まぶたが美人の条件となったのは、つい最近です。
西洋化が進んで、それまでの日本美人の概念が変わったんですね。

まぶたは遺伝によって決まります。
二重まぶたが優先遺伝、一重まぶたが劣勢遺伝です。
両親が一重と二重だった場合、子どもは優性遺伝である二重まぶたを受け継ぐことになるはずです。
しかし、周囲の友人を見てみると、それほど強く優先遺伝が働くわけではないような気もします。
お父さんが一重、お母さんが二重、二人いる子どもが一重まぶたという家族も結構います。
これは、日本人がモンゴロイドの遺伝子を持っているからだそうです。

一重まぶたはモンゴロイドの特徴であり、寒冷地に適したまぶたの形であるためのようです。
灼熱のアフリカ大陸にするんでいるアフリカ人は、大きな瞳をしているのは、気候に合わせてまぶた遺伝子が異なるからだそうです。

Copyright (C)2017憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!.All rights reserved.