憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!

整形する時期

プチ整形と呼ばれる埋没法でも、自然な顔になるのは、1ヶ月程度かかります。
切開法の場合は、抜糸後の腫れがひくまでに1ヶ月から3ヶ月かかり、自然なまぶたになるまで1年程度の月日が必要です。
埋没法の場合は、夏休みなどに行うことも可能ですが、切開法の場合は、休みが終わっても腫れがひいていないことも考えられます。
できれば、学校を卒業するとき、転職するとき、引越しなどで大きく環境が変わるときに、整形手術を行うとよいと思います。

私の場合は、埋没法でプチ整形を行ったので、夏季休暇にしました。
それまでのロングヘアをショートにして、同時にダイエットも行ったので、なんとなく別人のようになっても皆気がつかなかったと思います。
人によっては気がついていたのかもしれませんが、いろいろ聞かれたのは、二重まぶたよりダイエットの方法でした。
友人では中学卒業と同時にプチ整形を行った子がいます。
お母様も整形で二重だったそうで、環境の変わる時期に合わせてできるだけ早くと行ったみたいです。
もともとアイプチを行っていたので、以前よりも自然な顔になりました。
高校で出会った友人には自分から言わない限りは、気づかれないとのことです。
顔つきは大人になると変わりますが、遺伝的に一重である場合は、早めに整形するのもいいのかなぁと思います。
中学卒業、高校卒業などの時期に行うと、髪形を変えたり化粧を始めたりで、まぶた以外の印象の大きく変わるので、急に綺麗になっても不自然じゃなく安心です。

Copyright (C)2017憧れの二重まぶたを手に入れる♪手っとり早いのはやっぱり整形?!.All rights reserved.